【沖縄】琉球ガラスで手作りグラス体験してきたレポ

【沖縄】琉球ガラスで手作りグラス体験してきたレポ

琉球ガラスで世界に1つだけのマイグラスを作ってきました。

沖縄旅行に行った際には素敵な琉球グラスをぜひ!

 

この記事の内容

・琉球ガラスってなに?

・琉球グラス手作り体験レポ

・まとめ:琉球グラスを作って

 

琉球ガラスってなに?

琉球ガラスとは沖縄本島を中心に生産される吹きガラスなどのガラス工芸品です。

 

戦争後の資源不足の際に、アメリカ基地で捨てられたコーラやビールの空き瓶を溶かして再利用したことから始まります。

再利用品のため赤色や緑色などカラフルで厚手のものが多く、再生の過程で混入する気泡と相まって独特の味わいを持つガラス製品として有名です。

 

沖縄でよく飲まれる泡盛と琉球ガラスの涼しげな見た目が相性が良いということで人気が出ました。

 

手作り体験:琉球ガラス工房 雫

体験させて頂いたのは「琉球ガラス工房 雫」さん。

じゃらん から予約することができます♪

営業期間 営業:10:00~17:00
定休日:日曜日
所在地 〒904-0328  沖縄県中頭郡読谷村字宇座299 MAP
アクセス (1)那覇空港から車で約70分
(2)沖縄南ICから車で約40分
石川ICから車で約30分
(3)カーナビでご来店の際は 住所の地番を359で検索頂くとスムーズにご来店いただけます 分かりにくいようであればお電話ください!
価格帯 2,500円〜

 

「琉球ガラス工房 雫」

 

Advertisement

琉球グラス作り体験の流れ

アトリエでグラスのデザインを選ぶ

アトリエには多くの琉球ガラスが並んでいます。

まずは形を決めましょう!

 

たるグラスに丸グラス、ロックグラス、ハートグラス。

一りん挿しもあり形によってお値段が違います。

 

形が決まればグラスに付ける色を決めます。

色のつけ方も全体に付けるのか下だけ付けるのか、ぼかして付けるのかはっきり付けるのか…。

様々な付け方があるので迷ったらスタッフさんに相談しましょう。

 

さらに琉球ガラスでおなじみの泡とヒビも付けることができます。

▽ぶくぶくした気泡

 

▽蛇腹のようなヒビ

 

デザインを選びお支払いを済ませたらいよいよ体験スタートです。

 

琉球グラス作り体験

エプロンと腕貫、軍手を着けていざ体験開始!

 

まずは職人さんが熱したガラス球にアトリエで選んだ色と模様を付けてくれます。

 

そして職人さんにレクチャーして頂きながら”ふーっ”と口元を広げていきます。

ガラスが膨らんでいきます!

 

水に浸けてひび割れを入れたり形を整えたり

 

コロコロ転がしながら口元を広げたりして10分ほどで完成!

 

完成したグラスは1日かけて冷やすので持ち帰りは後日になります。

来れないよ〜という方には郵送してくれるので安心ですよ♪

 

Advertisement

世界に1つだけの琉球グラスが完成!

郵送の場合は1週間ほどで到着します。

 

完成品①(3,700円くらい)

 

 

・丸グラス

・一番人気のエメラルドグリーン

・色はぼかす

・泡とひび割れあり

 

完成品②(3,800円くらい)

 

・たるグラス

・ブルー系

・マーブル模様

・気泡とヒビあり

 

まとめ:琉球ガラスでグラス作り体験

琉球グラス作り体験、満足度120%です!

楽しく体験できるのはもちろん、自分で作ったグラスだから愛着も湧きます。

マイ琉球グラスで飲むお酒は普段のお酒より何倍も美味しい!

 

小さい子でも職人さんがしっかりとサポートしてくれるので安心して挑戦できます。

 

旅行の思い出に琉球グラス体験をぜひ!

 

「琉球ガラス工房 雫」