猫を飼うときに準備するものリストと選ぶポイント

猫を飼うときに準備するものリストと選ぶポイント

猫と暮らす時に準備するアイテムをまとめました。

優先順位別に分け、選ぶポイントも記載しているのでぜひ参考にしてください。

 

本記事の内容

・初心者向け:猫を飼う時に準備するもの

・商品を選ぶ時にチェックするポイント

 

ちょっと宣伝です。

我が家で大活躍しているアイテムと口コミ多数の優秀アイテムを集めました。

お急ぎの方はこちらからサクッといるものをチェックできます。

 

優先順位別:猫を飼う時に準備するものリスト

猫と暮らすまでに準備するもの

ご飯

ドライフードとウェットフードの両方を準備しましょう。

数種類の味を準備しておくとGOOD!

トイレ用品

システムトイレがオススメです。

検尿の時に簡単におしっこが取れるので便利です。

 

猫歴9年の超オススメ!

花王 ニャンとも清潔トイレセット [約1か月分チップ・シート付] ドームタイプ ブラウン

ニャンとも清潔トイレ

システムトイレの代表格。屋根付きとなしがあるので、置き場所によって形を選べます。

専用の砂は1.5ヶ月、マット(もしくはシート)は1週間取り替えなしでも臭わない!

仔猫用もあるので小さい子も◎

いろいろな猫トイレを試してきたけど絶対にシステムトイレがオススメ!

 

早めに準備するもの

食器

ご飯皿は少し背が高いものを選びます。

お水皿はヒゲが淵に当たらないような大きなものを選びましょう。

爪とぎ

初めは100均の爪とぎで十分です。

研ぎカスが気になるようなら強化ダンボールの丈夫なものを購入しましょう。

遊び道具

じゃらしやレーザーポインター、蹴りぐるみなど数種類準備しましょう。

小さすぎるおもちゃは誤飲の危険があるので避けてください。

キャリーケース

手軽に水洗いできるプラスチック製がオススメです。

病院へは必ずキャリーケースに入れて行きましょう。

 

猫歴9年の超オススメ!

ヘルスウォーター ボウル M

ヘルスウォーターボウル 

猫カフェに置いてあるくらい有名なお水皿。

このお皿にお水を入れると魔法のようにゴクゴクと飲むらしい…。

SMLの3サイズがあります。我が家には3台置いています。

ヘルスウォーターボウルって本当に効果あるの?飼い猫で検証してみた

 

あると便利なもの

爪切り

初めての方はギロチンじゃないものを選んでください。

爪切りが苦手な猫は病院でお願いしましょう。

ブラシ

特に長毛種の猫には必須アイテムです。

初めての人は猫の皮膚にも優しいラバータイプがオススメです。

ケージ

一人暮らしの方や猫が1匹で留守番をしていることが多い場合はあると便利です。

高さのあるものを選び、窓際など外の様子が分かるところに設置してあげましょう。

ドライシャンプー 

水が嫌いな子が多いので少し汚れた時にドライシャンプー があると便利です。

無添加のものを選びましょう。

体重計

ペット専用の体重計があると健康管理に役立ちます。

キャリーに入れたまま測れる風袋機能があるものを選びましょう。

コロコロ

服や絨毯にびっくりするくらい猫の毛がつきます。

一家に2つは欲しいアイテムです。

しつけスプレー

トイレじゃないところでマーキングすることがあるかもしれません。

しつけスプレーがあると便利です。

 

ついつい買っちゃうもの

猫用寝具

無かったら無いで布団の上や座布団の上で眠ります。

しかしいつの間にか増えてます。

キャットタワー

階段がある家はあまり必要ないかもしれません。

しかしいつの間にかあります。

やたら高い猫用品

本体より中身が入っていた段ボールの方が気に入ります。

しかし猫の身の回りの方が豪華になっていきます。

 

猫歴9年の超オススメ!

kivikis キビキス L ダークグレー

kivikisのまゆベッド

「うちの猫が入ったら絶対に可愛い!」と思って7,000円くらいで購入。

入ってくれたのは数える程度で今は高級座布団になっています。

でも後悔はしていない。

kivikisの”まゆ”ペットベッドを購入した感想

 

まとめ:猫を飼う時に準備するものリスト

 

以上です!

 

本当に必要なものだけを飼うと1万円以内でおさまりますが、猫と暮らしてみると不思議な事に猫用品が増えていきます。

気がつくと自分の身の回りより猫の身の回りの方がお金がかかっているなんて逆転現象が起こり始めます。

 

猫に貢いだ分幸せは何倍にもなって返ってきますので安心してください。

 

それでは楽しい猫との暮らしを!