猫の鼻が湿っているのは健康の証らしい

猫の鼻が湿っているのは健康の証らしい

猫の嗅覚について

猫の感覚器は聴覚→嗅覚→視覚の順で発達しています。

 

まずはにおいの感じ取り方についてです。

鼻の粘膜には「嗅覚受容体(きゅうかくじゅようたい」という細胞があり、この細胞が刺激を受けることでにおいを感じます。

 

鼻の良し悪しを決めるのは、嗅覚受容体の数と粘膜の大きさです。

 

人、猫、犬の嗅覚受容体の数を比べてみましょう。

1000万個
6000万個
7000万個
警察犬 2億個

警察犬として活躍するジャーマンシェパードは桁違いですね。

 

嗅覚の良さランキングはこのようになりました。

Advertisement

猫は嗅ぎ分けるのが得意

鼻には嗅ぎ取る力嗅ぎ分ける力があります。

微妙な違いですが、猫が得意とするのは嗅ぎ分ける力です。

 

◯嗅ぎ取る力

・あっちにネズミがいる!

・あっちから良い匂いがする!

◎嗅ぎ分ける力

・この木は私の木だわ!

・ここは私の縄張りなのに他の猫が入っている!

・これは食べても大丈夫なもの!

猫の鼻が濡れている理由

猫の鼻を触ると濡れているのが分かります。

飼い始めたばかりなら、鼻水かな?と思いそうです。でもずっと濡れてますよね。

 

少し湿っているのが健康な証拠です。

犬はにおいを嗅ぐときに鼻をクンクンと大きく動かします。

たくさんの空気を取り込むことで、多くの情報を集めることができるのです。

 

猫の場合はどうでしょうか?

猫も鼻をヒクヒクさせますが、鼻の穴が小さいのでたくさんの空気を取り込むことができません

 

そこで活躍するのが湿った鼻!

 

想像してください。

乾いた右手と濡れた左手、両方の手で砂を触ります。

濡れた左手の方が砂がつきますよね。

 

鼻も同じ!

湿っている方が空気中を漂う”におい成分”が鼻に吸着します

湿らすことにより鼻の小ささをカバーしているのですね。

Advertisement

猫の鼻が乾いている時の対処法

猫の鼻は湿っているのが健康と書きましたが、乾いているときもあります。

鼻が乾いている時って?

眠たい時と空気が乾燥している時です。

 

眠たい時や寝起きには猫の鼻は乾燥しています。眠っている時まで、においを嗅ぐ必要はありませんからね。

空気が乾燥している時には、同じように鼻の粘膜も乾燥しやすくなります。

猫の鼻がずっと乾いている

起きている時もずっと鼻が乾燥しているなら、脱水症状かもしれません。

お水をたくさん飲んでもらえるように工夫しましょう。

 

工夫の一例
・お水にささみのゆで汁をプラスする
・水を飲む器を工夫する(水が流れる給水機や、水をよく飲むようになるヘルスウォーターボウルなど)

 

冬には加湿器をつけて乾燥対策をしましょう。

 

乾いた状態が続くようであれば、ウィルス性の病気や猫風邪が疑われます。

獣医を受診しましょう。

 

うちねこの実際

私がご飯を食べるときには必ず猫が近くにきます。

「毒が入っていないか見てやるよ」と言わんばかりに鼻を近づけクンクン。

 

美味しそうな匂い、美味しくなさそうな匂いは猫それぞれのようです。

1匹はお肉や揚げ物、油っぽい匂いが好み。

1匹は生ハムやチーズ、イタリアンが好みのようで食べようとします。

 

猫のクンクンする姿を見ていつも疑問に思うことがあります。

「そんなに鼻くっつけないとダメ?」

 

猫の鼻の穴は小さいから、近づいてにおいを嗅いでいる。

「そんなレベルじゃなくて、食べ物に鼻くっついてるよ?」

 

毒があるものじゃないから良いけど、もし毒があるものなら鼻くっつけてる時点でアウトなんじゃないの。

 

鼻をくっつけなくても「これはダメ!これは良い!」と分かるものもあれば、鼻をくっつけないと分からないものもあるようです。

Advertisement