猫が腎臓疾患で生死をさまよった話

猫が腎臓疾患で生死をさまよった話

はじめに

我が家には猫が4匹います。

2017年の6月に飼い猫のジョセフが腎臓疾患になった時の話です。今は元気なのでご安心ください。

 

先日、動物病院に行った際に獣医の方と当時の話をしていると「あれは急性腎不全というより、尿毒症が…」と言われました。この2年急性腎不全だと思っていたので、衝撃です。

どうやら、尿道閉塞になり腎臓機能が低下、そして尿毒症につながったようです。当時の様子を時系列に沿ってお話します。

 

当時のジョセフ

6歳 ミックスの男の子

アレルギーも持病も何もなし。

甘え上手でとても元気。

尿毒症とは?

体の中を汚い血液が流れている状態をいいます。

腎臓は老廃物をろ過する役割を持っています。腎臓機能が低下することにより、ろ過されるはずの老廃物が体内に溜まります。

老廃物が尿として外に排出されずに体の中にたまり続けると、血液の組成を変えてしまいます。

体の中を悪い血液が循環する恐ろしい病気です。

腎臓疾患の兆候

私が異変に気が付いたのは、6月28日のことです。

いつもと違い、おとなしい様子でご飯もあまり食べません。その時は季節の変わり目でバテてるのかな?くらいにしか思いませんでした。

仕事が忙しい時期でもあった為、あまり気にかけることなく過ごしました。

これが大きな間違いです。

地獄の4日間

6月30日(夕方)

夕方仕事をしていると、母から連絡がきました。

ジョセフの名前を呼ぶと、ふらふらしながら歩いてくる」というのです。

私の会社へ寄ってもらい、ジョセフの顔を見て病院は母に任せました。

その時は少しぐったりしているぐらいで、焦点を定めていないだとか、息苦しそうだとかそんな様子はありませんでした。

 

仕事が終わり、母に「ジョセフどうだった?」と連絡をすると電話がかかってきました。

おしっこ取られてるけれど、おしっこじゃなくて血がずっと出てる。やばいかもしれない

 

21時になっても帰ってきません。

「今点滴してもらってるところ」

 

22時頃家に帰ってきました。

「明日の朝にもう一回病院へ行く。今夜が峠かもしれない」

7月1日(朝)

無事に朝を迎えることができました。なんだか、ジョセフも昨日より元気になっている気がします。

 

病院に着き、血液検査をしてもらいます。

数値が昨日より悪くなっています。正直、いつどうなってもおかしくない」と言われました。

 

今のジョセフの状態を聞き、一日点滴を続けてみることにしました。次に来るのは夕方です。

その際、「連絡のつく電話番号を教えてください」と言われ、絶望感が襲います。

7月1日(夕方)

電話はかかってくることなく、夕方を迎えることができました。

血液検査の結果は「少しは良くなっている、でもまだ危険な状態」です。

 

その日は土曜日だったのですが、月曜日まで点滴をするため入院を勧められました。

少し良くなったとはいえ、まだまだ危険な数値です。

”日曜日の間に何かあったらどうしよう”と思いながらもジョセフは入院しました。

7日3日(朝)

幸い、連絡も来ずに月曜日を迎えることができました。

 

病院につくと、「暴れて途中から点滴が取れてしまって、していない」とのこと。

暴れられるくらい回復したのか!と期待しながら様子を見に行くと「なんだなんだ?」という表情でこちらを見ています。

絶望だけだった4日間にやっと安心感でました。

 

血液検査の結果を聞くと、「数値はやや高いが、ほぼ正常」。

 

尿道にカテーテルを縫い付けられて、おしっこ垂れ流しの状態ですが元気に歩いてくれています。

退院直後のジョセフの写真です。(少しだけショッキングかもしれないので、見たくない人は飛ばしてください。)

 



その後

縫い付けられたカテーテルは外され、定期的に注射をし、ご飯は療法食になりました。

 

腎臓疾患も慢性的なものではなく、一過性のものだったため完璧に完治しました。

しかしストレスからか、今は命には全く関わらない別の持病が出てきました・・・。

 

今では元気に走り回り、ご飯をたくさん食べ、よく寝て甘えながら過ごしています。

処置内容、明細について

血液検査結果

4日の中で血液検査を4回もしました。

今回の病気で大事なのは、次の2つの数値だそうです。

 

 血中尿素窒素・・・血中の尿素の中に含まれている窒素量。
クレアチニン・・・体内の不要な成分。尿以外では外に排出されない。 

 

猫の平均的な数値

血中尿素窒素 20~30

クレアチニン 1.0~2.0

 

⬇︎ジョセフの血液検査結果

.png

もう訳が分からないくらい数値が高いんですよね。本当によく無事に完治してくれました。

処置内容

6/30夕方 注射4本・点滴

7/1  朝  注射4本・点滴

7/1  夜  注射4本

7/3  朝  注射4本・点滴

7/3  夜  カラー修正・尿ケアご飯

その後、8月中旬頃まで定期的に注射。お薬、療法食。

お金のこと

6/30夕方 21,000円

7/1  夜  21,000円

7/3  朝  25,000円

7/3  夜  2,100円

その後、8月中頃まで定期的に通院。



思ったこと

すぐに病院へ行け

私の人生で間違いなく一番辛い数日でした。

 

最初に異変に気がついた時点で、病院へ行っていたらもう少しマシだったかもしれません。

猫だから様子をみても大丈夫なんてことありません。動物だからこそ、話せないからこそすぐに病院へ行くべきです。

後1日遅れていたら、間違いなく死んでいました。

保険には入れ

4日間で約7万円の出費でした。

当時、実家暮らしでお金もあったためスッと払えたのですが、今は実家を出て生活しています。

今の生活ですぐに7万円を出せと言われれば、出せないことはないけれど痛い出費です。

 

実は保険契約をした直後で、待機期間中に今回の病気になりました。

あと一週間早く保険を決めていたら、出費は3万円ほどで済んでいました。

 

今はこの病気を教訓に、保険に入りながら猫貯金もしています。

ペットは保険派か貯金派かの答えは、間違いなく両方です。

しっかり観察しろ

ジョセフは当時6歳でした。若いと病気の進行が早くなります。

元気でも数日後には亡くなってしまう子も沢山います。

猫のトイレ掃除ひとつにしても、異変に気がつく手がかりになるはずです。

普段からふれあい、しっかり観察するようにしてください。

さいごに

私が猫に関して真剣になったのはこの病気がきっかけです。

「かわいい」という思いだけで飼い始めた猫。かわいいだけで飼ってはいけないなと痛感させられました。

 

猫を飼うと、幸せで良いことももちろん沢山あります。

しかしその裏には、家がボロボロになったり、病気で苦しんだり、お金が沢山かかったりと辛いことも沢山あります。

きちんと考えた上で、しっかり検討して飼わなければいけません。