実家の猫と離れたくない。猫と遠距離して気がついたこと

実家の猫と離れたくない。猫と遠距離して気がついたこと

はじめまして。瀬川といいます。

 

昨年実家を出て、4匹のねこたちと離れて暮らしています。

 

毎日ねこと過ごしていた私が離れて気がついたことをご紹介します。

 

 

 合わせて読みたい

 「実家の猫と離れたくない!」ペットシックを軽減する方法7つ

   猫を飼うと飼い主に起こる変化まとめ

  猫へのプレゼント!猫も飼い主も大満足の贈り物30選

 

 

猫と離れて気がついたこと

 

離れていても猫は覚えている

家を出るときに心配だったのが「次会うときに、猫は覚えてくれているだろうか?」ということ。

 

猫は三年の恩を三日で忘れる

 

なんてことわざもあります。

 

次会うときに威嚇されたらどうしよう、避けられたらどうしようと心配していました。

 

2週間後に帰省すると少しびっくりした顔をされましたが、覚えてくれていました!

それから1ヶ月おきに帰省していますが、忘れている様子は少しもありません。

 

数ヶ月くらいじゃ、ねこはあなたの事を忘れません
 

猫を見ると帰省したくなる

飼いねこのことが大好きなあなたはきっと、外のねこ、ねこカフェの子、全てのねこが好きなはず。

 

新しい拠点でも、ねこカフェに通うのですがやっぱり実家のねこに会いたくなります。

 

通勤途中やお買い物中、ねこを見かけると実家が恋しくなります。

 

Advertisement

猫の写真と動画が増える

ねこと離れて数日は、会いたくて会いたくてたまりません。

毎日のように母からねこたちの写真や動画を送ってもらい、なんとか過ごしていました。

 

帰省するたびに100枚以上ねこの写真が増えます。

 

スマホの待ち受け画面はもちろんねこ。

 

辛いことやしんどいこと、イライラしてもねこの写真を見れば元気が出ます。

 

 

  写真をフォトブックに

MUJIBOOKS(無印良品)推奨のフォトブック『BON』

 

 

飼い猫との時間の大切さに気づく

休日になると外出をするのが当たり前でしたが、ねこと離れてからは一緒にいる時間の大切さに気づきました。

 

帰省するとねこと一緒に1日ゴロゴロします。

お昼寝をしたり一緒に遊んだり、手作りのご飯を作ってあげたり…。

 

人より寿命が短い分、できるだけ長い時間一緒に過ごしたいと思うようになりました。

 

些細な変化にも気づくようになる

体重の増減が抱っこをするだけで何となく分かります。

 

自分でも驚いたのが、ヒゲが1本抜けていることに気がついたとき。

毎日会えない分、普段なかなか気がつけないことにも気がつくことができます。

 

体を触って痛がるところはないか、怪我をしていないかのチェックは欠かせません。

 

猫への依存に気付かされた

これが一番大きかったです。

8年間毎日一緒にいた分、離れると本当に辛いです。

 

実家を出てすぐにペットカメラを2台購入しました。

朝、お昼休み、夜、いつでも猫たちの様子を見ています。

 

依存しすぎも良くないと思いながらも、過ごしています。

 

Advertisement

まとめ:ねこと遠距離して気がついたこと

 

・実家を出ることになって

・里親が見つかって

・年齢で亡くなって…

ねこと離れて暮らすことになる理由はいろいろあると思います。

 

この記事を書いていて、「ねこへ依存しすぎだな」と改めて感じました。

 

 

離れて暮らすことで、

 簡単には飼い主を忘れない

 ねことの時間の大切さ

 ねこの健康状態の大切さ

も分かりました。

 

 

以上「ねこと遠距離して気がついたこと」でした!

 

 

 合わせて読みたい

 「実家の猫と離れたくない!」ペットシックを軽減する方法7つ

   猫を飼うと飼い主に起こる変化まとめ

  猫へのプレゼント!猫も飼い主も大満足の贈り物30選

Advertisement